トップページ >米国食品医薬品局(FDA)による発表について

米国食品医薬品局(FDA)による殺菌成分入り石鹸製品の販売禁止発表について

エテュセおよび資生堂グループ製品においては今回FDAの禁止に該当する商品はありません。

  • FDAが禁止した製品は、感染症予防など、公衆衛生上の殺菌を目的とした洗い流す一般消費者向けの医薬品が該当します。(ハンドソープ、ボディーソープなど)
  • FDAはこの用途の製品に使用されている19成分について、これらを配合する石鹸等は、配合しない通常の石鹸と比べて安全性や効果において優れているという科学的根拠が存在しないことを理由に、販売禁止を命じました。

⇒すなわち、殺菌目的でこれら成分が配合されたハンドソープ、ボディーソープはありません。

ただし、指摘された19成分のうち「トリクロカルバン」を配合している商品はあります。

  • トリクロカルバンは抗アクネ・抗ふけを目的に使用されています。
    日米欧で化粧品や医薬部外品に配合することが認められており、安全性についても現時点で問題があるという公的な見解はありません。
  • 対象商品は以下3品です。
    • エテュセ オム 薬用アクネソープ (洗顔石鹸)
    • エテュセ 薬用アクネ ジェントルメークオフ (メーク落とし)
    • エテュセ 薬用アクネ ジェントルウォッシュ (洗顔石鹸)

当該製品の今後の対応としては、現時点では販売を継続します。

  • 当社は各国の法規制遵守は勿論のこと、資生堂内の厳しい安全性基準を満たしたものだけを販売しております。
    本件は米国の法律であり、お問合せ頂いた製品はこれに該当しないこと及び、安全性に問題がないことから現時点では販売を継続します。
    但し、FDAの禁止措置について日本でも同様の措置が必要かどうかを厚生労働省が今後検討することになっており、その結果に応じた措置を取ります。